「楽しいカイゴの理由」 Vol.01-1 特別養護老人ホームとっさか 後藤春香さん 高野恵さん

特別養護老人ホームとっさか  後藤春香さん 高野恵さん (以下敬称省略 それぞれ後藤、高野)
インタビューアー 株式会社ケアスタッフ 代表取締役 小川潤也 以下小川
新シリーズ介護職の「楽しいカイゴの理由」の第1回。特別養護老人ホームで働くお二人に話を伺いました。介護現場での奮闘の様子が分かれば幸いです。

【まずはGOOD&NEW 最近のよかったこと、新しい発見とは①】

小川)まず後藤さんの方からお聞きします。後藤さんは介護職として働き始め今1年半で、介護福祉士としてやってらっしゃると思いますが、最近、仕事をしてとか、プライベートで、よかったこととか、何か新しい発見とかってありましたか?
後藤)よかったことは、利用者さんと関わってる中で、結構認知症のある方がいるので、名前とか顔を覚えてくれる方は少ないんですけど、そういう人たちと関わっていくうちに、名前覚えてもらったり、あああの子だね、って言ってもらったりするのが嬉しいことですね。

小川)なるほど。認知症の方が後藤さんのこと覚えてくれて?
後藤)名前までは覚えてなくても、あああそこにいた子だとか、あれしてくれた子だとか言ってくれることもあるので、それが結構嬉しかったりします。

小川)なるほど。それはいろんな方ですか、それとも特定の方が?
後藤)認知症のある人たちが多いので、覚えてくれる方は少ないんですね。

小川)でもよかったですね。ありがとうございます。

【まずはGOOD&NEW 最近のよかったこと、新しい発見とは②】

小川)では、同じ質問を高野さんにお願いしたいんですけれども、最近、1ヶ月でよかったこととか、仕事でもプライベートでも、何か新しい発見とか何かありましたか?
高野)最近ってわけでもないんですけど、この仕事して、ちょっと明るくなったと思いますね。

小川)明るくなったというと?
高野)人と話す仕事だし、接してるうちに自分自身もちょっと笑顔とか多くなってよかったなと思ってます。

小川)なるほど。今まではそうではなかったんですか?
高野)そうですね。暗い方でした。だから、やっていけるかなとか思ったんですけど、楽しくやってますね。

小川)そうですか。その明るくなったっていうのは、高野さんは5年目に入ってるんですよね?どれくらいから自分が変わったのかなって感じられましたか?
高野)まあ、2,3年ぐらいのあたりですかね。最初は余裕がなかったので、あんまりでしたけど、余裕出てきてからはちょっと明るくなったかなと周りに言われることもありますね。

小川)それは友達とか?
高野)そうですね。友達や家族ですね。

小川)明るくなったのには、きっかけとかあったんですか?
高野)特に自分ではそんなに気付かなかったんですけど、なんか気づいたらちょっとそうなってたらしいです。

小川)でもいいことですね。ありがとうございます。

【介護福祉士への道① 学生編】

小川)みなさんそれぞれあの、もう介護福祉士になっていらっしゃいますけれども、学生の時に介護福祉士の資格を取られたのが、後藤さんですよね?
後藤)そうですね。2年間学校へ行って、卒業試験みたいなのを受けて資格が取れます。

小川)なるほど。学生時代後藤さんはどんな学生でした?
後藤)全然勉強できなかったですね。

小川)でも学校はまあ、実習とかもありますよね?教室で勉強して、現場に実習へ行ってだと、勉強してきたものとのギャップあったと思いますけれども。
後藤)ありましたね。

小川)しかもまだまだ若くてご卒業したばかりで、学校入ってまず介護とかしたことなかったですよね?
後藤)ないですね。全然なかったんで本当に学校で習ってることと、現場でやってることが全然違ったんで、もうどうしようみたいな気持ちでいっぱいでしたね。

小川)やっぱり習ってることと現場では全然違いますか?
後藤)違いますね、

小川)何が違いますか?
後藤)技術の方もそうなんですけど、やっぱり学校で教えてくれないような接し方とか、その人その人に合わせてやってる介護士さんとか見ると、教科書通りにはいかないんだなって思いましたね。

小川)実習行って最初の時から感じました?
後藤)思いましたね!

小川)思いました?笑)そのギャップも感じたと思うんですけど、それをどうやって自分に慣らしていったりしました?
後藤)実習最後まで慣れるってことなかったんですけど、言い方は悪いですけど教科書はやっぱり理想の方が多いのかなっていうふうに思いながら、やっぱり現場にもできることとできないことがあるんだっていうのを感じました。

小川)なるほど。それで自分でできることをひとつひとつやっていきながら、適応させていったわけですね。
後藤)はい、なんとか。

小川)ってことですかね。わかりました。実習は1ヶ月とか2カ月とかそういう単位であるんですよね?
後藤)そうですね、3回に分けてやるんですけど、1回目が15日間で、2回目が20日間。で、3回目がもう27日とかで、1ヶ月近く。

小川)その時は学校行かずに?毎日?
後藤)もう毎日施設でです。

小川)同じところにずっと?それとも3か所全部変わりました?
後藤)1回目だけ別な場所で、2回目3回目は同じところでしたね。

小川)そうですか。施設が変わると、介護の仕方とか雰囲気とか違うと思うんですけども、そういう違いを感じましたか?
後藤)感じましたね。1回目に行った施設が、ここのように従来型の施設で、2回目3回目が、ユニット型の老人ホームだったんで全然別でしたね。

小川)なるほど、それはユニットと従来型は全然違いますもんね。それぞれ良さもありますし、大変な面もたくさんあると思いますけれども、従来型とユニット型の違いはどんな風に感じました?
後藤)ユニット型だと接するというか、一緒にいる利用者さんが少なくて、限られてくるので深く知れるんですけど、皆さんが部屋に戻ってしまうと、みんなで集まるところがすごく寂しい感じがしました。従来型の今の施設だと、大変なことが多いですけど、常に誰かがデイルームとかにいてくれるので、寂しいなとか静かだなって思うことが少ないですね。

小川)なるほど。
後藤)従来型は賑やかなのがいいと思います。

小川)まあ、それぞれ良さもあるわけですもんね。わかりました。最後に後藤さんにもう一個聞きたいんですけれども、学生時代の思い出ってなんかありますか?
後藤)学生時代はやっぱり友達と遊んでることが一番楽しかったですね。

小川)なるほど。ご自宅から通えるところの学校に行かれたんですか?それとも一人暮らしとか?
後藤)いや、自宅から通えるところです。

小川)では生活環境は変わらずに、そのまま。
後藤)そうですね。

小川)わかりました。ありがとうございます。


← 前のページ | 次のページ →
目次へ戻る

介護士の求人情報、詳しい条件等、お電話でのお問い合わせもお受けしております。
介護のお仕事100件以上 非公開求人も多数ご用意!会員登録はこちら ↓↓

お仕事探しの第一歩、まずは会員登録

お電話でのお問い合わせは 0800-800-0874 【受付時間】平日 9:00〜18:00 土曜 9:00〜12:00

看護のお仕事100件以上 非公開求人も多数ご用意!会員登録はこちら

エントリーする

条件による絞込み検索はこちら!

安心のキャリアアドバイザーサポート

・見学・面接に同行します。
・じっくり丁寧に面談します。
・入社初日に同行します。

新潟カイゴ就職バンクについて

 新潟カイゴ就職バンクは介護職を始めたい方やキャリアを高めたい方のサポートを目指す、ケアスタッフが運営する介護職専門求人サイトです。
 私たちケアスタッフは「長寿社会の未来に役立つツルハシを提供する」をビジョンに掲げ、医療、介護の就職問題の解決に取り組んでいます。

新潟カイゴ就職バンクについて
会社概要 | メディア掲載実績

新潟の派遣・求人状況

新潟県の介護職は求人数10,863人、求職数6,496人と、データ上は「売り手市場」になっています。一方、正職員として働ける方はごくわずか。多くの方は契約社員、準社員、パートとして不安定な雇用形態で働いているのが現実です。

ボランティア求人情報 ボランティアで介護職を体験してみませんか?
正社員で働きたい! LINE就職相談 手軽&無料

新潟で介護士派遣の求人情報など新潟カイゴ就職バンクでサポートします!今すぐ登録!駐車場も無料です!

毎週木曜日(午後)に相談会を実施しています。今後のキャリアプランや求人の事をじっくり相談いただけます。

FEATURE

ケアスタッフセミナーDVD 詳細はこちら
 就職・転職成功者の本音アンケート一覧 U・Iターンインタビュー 人事担当者へのインタビュー ケアスタッフ通信
ケアスタッフ

〒950-0983
新潟県新潟市中央区神道寺2-1-1
TEL 025-240-7322
FAX 025-244-3023

ケアスタッフ集合写真

介護職の求人・派遣のことなら私達に何でもご相談ください。

ケアスタッフ

お子様連れでも安心ですよ。